医療脱毛は処置後のトラブルにすぐ対応できる

脱毛と言うとエステやサロンで行えると考える人がいます。
ですが、実はサロンで行うのは脱毛ではなく減毛と呼ばれるものです。
実際に脱毛を行う場所は医療関係の場所なので、医療脱毛とも呼ばれることがあります。
サロンで行われる減毛とは機器による処置は同じですが、一定期間毛がはえなくなる処理です。
なので期間を過ぎるとまた元通りの状態になります。
対して脱毛とは機器を使って毛を抜く処置を行います。
中には処置後一生はえなくする効果がある通称永久脱毛を扱うお店があります。
普通の脱毛と医療脱毛の違いは、医師免許を持つ人が処置を行うかどうかです。
サロンなどはエステ、美容目的で行いますが処置後に万が一体調不良や火傷の症状などが現れた場合、対処に限界が生じます。
医療で行う脱毛は処置後に体調を崩した場合でも、すぐさま対処することができます。
そして医師の目線から処置を受ける方の体調、肌の体質を検査して適切な処置を施すことができます。

気分的に沈んでいる時などにお電話ください
私たちが親身に患者様のお話を聞きます

エステで行う時代はもう終わりました!

萬勇鞄
小学校に入学するお子様のために6年間安心して使えるオシャレなランドセルを手作りして販売しています。